昔と今の不動産購入の変化

ライフスタイルを考えるうえで

ライフスタイルを考えるうえで欠かせないのが間取り。「リビングとキッチンは分けたい」と考えでいる大もいれば、「小さな子供がいるから、料理を作っている間も目が離せない」と考えている大もいるでしょう。前者の方には独立したタイプのキッチンがある部屋を、後者の方には対面式キッチンがある物件をお勧めします。「夫婦が2人きりでくつろげる寝室は、広々としているほうがいい」「荷物が多いから収納スペースがもっとほしい」「手足を伸ばしてお風呂に入りたい」もう、自分のしたい生活をあきらめる必要はありません。ベッドを2つ並べて置いてもまだ余裕のある寝室、収納スペースとして存分に使える地下室、寝ながら入れる大きな浴槽のある広々とした浴室、直接バスルームに行ける寝室……さらに、日本初200㎡家賃半値で超快適なデザイナーズ永住型賃貸マンションも近日完成します。スーパートラストマンションなら、自分たちの希望に合う物件が必ず見つかります。ライフスタイルに合わせて物件を選ぶ時代になったのです。結婚してしばらくは賃貸に住み、子供が出来たらマイホームを買う、というのが今までのパターンです。けれども、これだけライフスタイルの多様化が進んでいる時代です。「○○したらマイホーム」などと考えなくてもいいのではないでしょうか?昔なら10年後も20年後も同じ会社に勤めていられたので、将来設計も比較的簡単でした。今は10年後にどんな生活を送っているのかは分からない状況です。今の会社を辞めて別の会社に移っているかもしれませんし、ひょっとしたら起業しているかもしれません。また、夫婦で共働きしている家庭も多いでしょう。子供が生まれても奥さんは仕事を続けるかもしれませんし、専業主婦になるかもしれません。今の収入が10年後もあるかどうかは、誰にも分からないでしょう。これからの時代は、どんな状況になっても対応できるようにしておくのが、『最大の防衛術』なのです。さらに、今は少子化が進んでいるにも関わらず、『分譲マンションは供給過剰状態』。いずれ家あまり現象が起き、「買わなくても賃貸でいいか」という状況になります。事実、分譲マンションを賃貸として貸し出すところも増えています。今急いでマイホームを買うメリットはほとんどないのです。夫婦2人のときは2LDKから出発して、子供が1人生まれたら3LDK、子供が2人になったら4LDK、子供が独立してまた夫婦2人になったら2LDKに。ライフスタイルに合わせて住み替えられるのは賃貸だけです。